コドミン 効果

コドミンの効果の秘密について詳しく調べてみました!

ADHDのお子さまにコドミンが良いらしいと聞いたものの、
そのコドミンにはどんな成分が入っていて、
どんな効果が期待できるからなのでしょうか?

 

コドミンの成分とその効果を調べ、
期待できる効果の秘密に迫ります!

 

≪コドミンに配合されている成分≫

 

コドミンに配合されている成分で代表的なものが
『ホスファチジルセリン(PS)』という成分です。

 

ADHDのお子さまに見られるトラブルには、

 

・集中力が続きにくい
・落ち着きがない
・衝動的な行動が多い

 

これらが関係している事が多いです。

 

他のお子さまと一緒に教室で何かに取り組んでいても、
集中力が続きにくいために、席を立ったり寝転んでしまったり、
一人で全く違う行動を取ってしまいがちです。

 

落ち着きがないので、静かにじっとしていなくてはならないシーンでも、
動き回って声を上げてしまう、衝動的な行動が抑えきれないので
言葉より手が出てしまって、攻撃的な態度になってしまうなど。

 

大人が注意したり静止させるだけでは留まらず、
他のお子さんとのトラブルに発展してしまうこともあるので、
親御さん達の悩みはとても深刻ですよね。

 

ホスファチジルセリン(PS)は脳の伝達を活性化することで
そうした集中力の継続や、気持ちを落ち着かせて
衝動を抑えるサポートする効果が期待できることで注目されています。

 

この成分は大豆などに含まれているので
食事から摂る事はできなくはないのですが、
とても僅かな量しかないので、充分な量を大豆から摂ろうとすると
何キロも食べなくてはならない程なんです。

 

コドミンは一粒に大豆3kg以上分ものホスファチジルセリンを
配合することに成功しているので、高い効果が期待できるということです!

 

≪コドミンを飲ませてどの位で変化が出てくるの?≫

 

コドミンに含まれているホスファチジルセリン(PS)は
摂取してから30分程で脳へ作用を始めますが、
最初の1粒目から変化が出てくるのかどうかは期待度は低めです。

 

ホスファチジルセリン(PS)個人差はありますが、
一定量(コドミンでいうと1日3粒ほど)を少なくても
3ヶ月程度飲み続けることで効果が現れてくると言われています。

 

すぐに効果が実感できないことで、
コドミンには効き目がないと判断してしまう方もいるようですが、
成分の特徴をよく理解することで正しい判断をすることが出来ます。

 

今すぐにでもお子さまのトラブルを無くしたいと思う気持ちを、
ぐっと堪えて数か月の様子を見てもらえればと思います。

 

最初の1袋で変化が出てこないので止めてしまうと勿体ないので、
始める前から3ヶ月以上は続けるものとして考えておくことをおすすめします!

 

<<コドミンの効果について

さらに詳しくはこちら>>