コドミン 副作用

コドミンの副作用が心配な方へ!

コドミンはお子さまの集中力の持続や衝動的行動の抑制などをサポートし、
円滑な集団行動に自信を持っていただくことを願ったサプリメントです。

 

ですが、大切なお子さまに飲ませるものなので
副作用などが気になる親御さんも多いのではないでしょうか?

 

今回はコドミンの副作用について調べてみました!

 

≪コドミンは『健康食品』!≫

 

良く誤解されがちなのですが、サプリメントは薬ではありません。

 

『副作用』という言葉は医薬品に用いられる言葉で、
薬品が目的の症状に対して期待している作用とは
違った作用が働いてしまったことを指します。

 

ですので厳密に言うとサプリメントには副作用という概念はありません。

 

サプリメントは健康食品というジャンルに属します。

 

日々の食生活では補いきれない栄養やその栄養が
体内で円滑に活躍できるように助ける成分を摂り入れるためのものなんです。

 

コドミンも、大豆からとれるホスファチジルセリンをより効率よく、
より多く手軽に体内に取り入れるための健康食品です。

 

お子さまが毎日飲みたいと思って貰えるようにラムネ味に
工夫をして作ってあるので、この味や舌触りを出すために人工的な香料、
甘味料を用いていますが、どれも重大な健康被害を引き起こすものではありません。

 

例えば毎日何十粒も休みなく飲むような生活を何年も続けるといった、
日常考えにくい過剰な飲み方をすれば何らかの健康を害した症状が出るとは思いますが、
実際にもコドミンのよる健康被害は報告されていません。

 

コドミンに含まれる成分によって健康を害する『副作用』のような
心配はないので安心して下さい。

 

≪コドミンはアレルギーには注意≫

 

コドミンに配合されている成分そのものには深刻な健康被害を
引き起こすものはありませんが、お子さまとの相性によっては
『アレルギー症状』が出る場合があります。

 

コドミンには大豆由来の成分を使っているので、
大豆アレルギーのお子さまが飲むとアレルギー症状が
出てしまうので飲ませないようにして下さい。

 

また、コドミンには還元麦芽糖水飴という小麦由来の成分も
使われているので小麦アレルギーのお子さまも避ける必要があります。

 

その他の食品アレルギーがあって心配な場合は医師に相談をしてみるといいでしょう。

 

補足ですが、コドミンには微粒二酸化ケイ素という成分が使われており、
消化器官が未熟で栄養をより多く溜め込もうとする新生児期のお子さまが飲むと
過剰摂取となり栄養バランスが崩れてしまうので
この時期のお子さまには飲ませないようにして下さい。

 

<コドミンの副作用に関してさらに詳しくはこちら>